HOME 金属アレルギー

金属アレルギーについて

金属に触れた部分の肌が赤くなったり、かゆくなったりする「金属アレルギー」。軽度の方から重度の方まで含めて多くの方が金属アレルギーに悩まされています。金属やジュエリーを身に着けることで発症する「金属アレルギー」の方は婚約指輪や結婚指輪は着けることができないのでしょうか?金属アレルギーの症状や仕組み、ブライダルリングを選ぶ上で気を付けたいことを詳しくご紹介します。

金属アレルギーの症状

ジュエリーや金属を身に着けているところ、もしくははずしたあとに
・皮膚が赤くなる
・皮膚がかゆくなる
・湿疹ができる
などの症状がでることが一般的です。

なぜ、金属アレルギーは起こるの?

金属アレルギーは、身に着けているジュエリーや金属から汗などで金属が溶け出し、皮膚のタンパク質と結合して新たなタンパク質に変性し、それを体が“異物”とみなすことによってアレルギー反応が生じます。

金属アレルギーを起こしやすい金属

金属アレルギーは身に着けた金属が溶け出し、体内に入り込むことから症状が出ます。汗などで溶け出しやすい金属ほど金属アレルギーを起こしやすくなります。
・ニッケル
・コバルト
・錫(すず)
・クロム
・亜鉛
・鉄

金属アレルギーを起こしにくい金属

【Platinum(プラチナ)】
溶けだしにくく金属アレルギーを起こしにくい素材です。プラチナ自体はアレルギーを起こしにくい金属ですが、パラジウムと言う金属と混ぜて使われることが多いため少し注意が必要です。

【Gold(金)】
金そのもの自体はアレルギーが起こりにくいのですが、ジュエリーに用いられる際に硬度を上げるために他の金属を混ぜて使用されていることが多く、混ぜられた金属によってアレルギー反応がおきる事もあるので注意が必要です。

【Titanium(チタン)】
チタンは最も金属アレルギーを起こしにくい金属と言われています。イオン化傾向が低く、アレルギーの原因となる金属イオンが水に溶け出しにくいため、金属アレルギーはほとんど起こりません。

【Stainless(ステンレス)】
錆びにくくイオン化しにくいステンレスは鉄やニッケル、コバルトなどの合金であり、組成的には金属アレルギーを起こしやすい金属を使っています。それらを錆びにくくなるように配合することで、金属イオンが溶けだしにくく、金属アレルギーの原因になりにくいようになっています。

アレルギーフリー素材

金属アレルギーの方にとって結婚指輪をどのような素材を選ぶかは大きな問題です。そこでおすすめなのがアレルギーフリー素材です。結婚指輪で使われる金属の中で最も金属アレルギーを起こしにくく、美しさや耐久性を兼ね備えた素材をご紹介します。

VIEW MORE もっと見る
- Present -
来店予約特典

WEBまたはお電話でご予約の上、初めてご来店いただいたお客様に5つの予約来店特典プレゼント!

□ 午前中予約特典 10:30~12:00でご予約いただくとお見積りより5%OFF
□ 交通費特典  交通費負担分として  JCB商品券2000円分プレゼント
□ 駐車場負担  静岡名店街契約駐車場 割引チケットプレゼント   

など、5つの来店予約特典をご用意してお待ちしております。

/