ホーム > ダイヤモンドについて

DIAMONDダイヤモンドについて

世界中のダイヤモンド商社とのパートナーシップにより、
最高の輝きをもたらすトップグレードのダイヤモンドをご用意しております。

厳しい品質基準をクリアした輝きこそが、LUCIR-K BRIDAL が選ぶ「DIAMOND」。
こだわり抜かれたダイヤモンドの中から二人の心に響く輝きを見つけてください。
ダイヤモンドが他の宝石と最も違う点は、輝かなければ意味がないということ、色合いや大きさ、形状が美的要素である色石と最も異なる点です。
「4つのC」も、本来、この輝きという点においてこそ意味を持つものです。
いかに大きくても、また希少でも、輝きの悪いダイヤモンドは美しくありません。
輝きこそがダイヤモンドの美しさの源泉です。その輝きを決めるのはカット。
ダイヤモンドをダイヤモンドたらしめるのはカット技術と言っても過言ではありません。

Round Brilliant Cutラウンド ブリリアント カット

Round Brilliant Cut ラウンド ブリリアント カット
世界中で愛され続けるカット
現在、ジュエリーに使われるダイヤモンドで最もスタンダードなカットがラウンドブリリアントカットになります。
上から入ってきた光が内部で反射される数学的に考慮された設計はダイヤモンドの輝きを際立たせます。

ダイヤモンド品質

世界中でダイヤモンドの品質を評価する基準として、G.I.A.(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づいた
”4C”と呼ばれるCut(カット=輝き)、Carat(カラット=重さ)、Color(カラー=色)、Clarity(クラリティ=透明度)、
の4つの要素のコンビネーションで評価することが広く知られています。

  • Color
    カラー
    どれだけ無色に近いかを表します。
  • Clarity
    クラリティー
    内包物が少ないほど透明度が増します。
  • Carat
    カラット
    ダイヤモンドの重さを表します。
    「1ct」の重さは0.2gとなります。
  • Cat
    カット
    理想的なカットに近づくほど最高の輝きを引き出します。
    カット評価で最高評価の
    3 Ecellent H & Q
    トリプルエクセレント・ハートキューピッド
    ・ハート&キューピッドが観察
    ・シンメトリー(対称性)、プロポーション(全体のバランス)、ポリッシュ(研磨の良し悪し)
    3項目全てがエクセレント評価

    理想的なカットのダイヤモンドは、輝きを倍加させます。

MONNICKENDAMモニッケンダム

MONNICKENDAM モニッケンダム

世界3大カッターズブランドと称される
英国老舗のダイヤモンドカッティングブランド

マキシムラスターを引き出すこと、すなわち
「原石に命を与える」
モニッケンダムのカッティング

ダイヤモンドの生命は輝きで、それは、ブリリアンシー・ファイアー・シンチレーションの組み合わせで生まれます。
なかでもモニッケンダムが美しい輝きの基準として最も大切にしているのがブリリアンシーです。
テーブルからの白色光は、ダイヤモンドが放つ光の中で最も強く明るいものであり、モニッケンダムはこの白く豊潤な光を最も大切にしています。
その光は
LAXURY WHITE
ラグジュアリーホワイトと呼ぶ、心に響く贅沢な輝きです。
最高のダイアモンドとはカッティングにより最大限の輝きが引出されたダイヤモンドであると考えます。
ダイヤモンドの生命は輝きで、テーブルからの白色光は、ダイヤモンドが放つ光の中で最も強く明るいものであり、モニッケンダムはこの白く豊潤な光を最も大切にしています。

モニッケンダムの歴史

  • 1920年2代目社長アルバート・モニッケンダムは、社名をA・MONNICKENDAMとしました。
    アルバートの経験や専門的な技術が業界での評判を高め、創業以来、選び抜いた原石を熟練したカッター(職人)が研磨し、ヨーロッパの名門ジュエラーに提供しております。
    1948年、エリザベス王女のご結婚の御祝にタンガニーカ政府から素晴らしいダイヤモンド原石が寄贈され、その石をカットしてイヤリングに仕上げるという栄誉ある役目を賜りました。

    MONNICKENDAM
  • MONNICKENDAM

    1966年には輸出貢献に対するクイーンズアワード英国産業賞(Qeen's Award to industry)をエリザベス女王より賜る栄誉に浴しました。
    3代目社長、アーサー・モニッケンダムは、ダイヤモンドの権威として認められ、ロンドン商工会議所にダイヤモンド業界の代表として参加し、さらにヨーロッパにおけるCIBJO(欧州13カ国の貴金属連絡会議)の英国代表を務めました。現在はアーサー・モニッケンダムの長男であるギャリー・モニッケンダムが4代目社長となり、1981年社名を現在のMONNICKENDAM DIAMONDS LIMITED に変更しました。

  • 現在はアーサー・モニッケンダムの長男であるギャリー・モニッケンダムが4代目社長となり、1981年社名を現在のMONNICKENDAM DIAMONDS LIMITEDに変更しました。
    モニッケンダム社の「原石に命を与える」というカッティングポリシーは、創立より4代目に至った現在迄受け継がれ、変わる事なく守られております。

    MONNICKENDAM

Sakura Diamondさくらダイヤモンド

Sakura Diamond さくらダイヤモンド
世界的なダイヤの名産地、ベルギーのアントワープが誇る
世界最高峰のダイアモンドカット技術が生んだ桜の花
従来のラウンドブリリアントカット(58面体)では表現できなかったさくら模様が、専用のスコープの使用により、ダイヤモンドに浮かびあがります。
「さくらダイヤモンド」それは和の心とヨーロッパのモダニズムの融合をコンセプトに開花した美意識の結晶です。
  • 全てのさくらダイヤモンドには鑑定書がつきます。

~ダイヤモンドにさくらの花を咲かせる~

さくらダイヤモンドは、永い歳月をかけて研究・開発され、
ラウンドブリリアントカットでは表現することの出来なかった日本文化の「美」の象徴である、華麗で清楚なさくらを、
ダイヤモンドに咲かせることに成功しました。
10角形・87面体面体のカットを施すことにより、5枚のさくらの花を表現しています。
ベルギー・アントワープの研磨技術の高さは、ダイヤモンドビジネスに携わる専門家の多くが認めており、
その中でもアルチザンと呼ばれる一握りの熟練したカット技術者により誕生することが出来ました。
さくらダイヤモンドは、日本の「美」の象徴であるさくらと、世界最高峰の技術の融合により誕生した新しいカットです。

~ダイヤモンドの性質~

ダイヤモンドは結晶構造の特徴上、4の倍数でカットされます。
また、ダイヤモンドが元々持っているCarat・Color・ClarityそしてCutによってダイヤモンドの輝きが決まります。
その中でも、Cutは、4Cの中で唯一人の手が加えられ、カット方法、技術によって輝きに大きく影響します。

クラリティ(品質):VSup
さくらダイヤモンドの品質は、鑑定書で証明される高品質なダイヤモンドです。
さくらの花びらを美しく表現するために、ダイヤモンドのClarity(透明度)はVS以上のものしか使いません。
また、原石の段階から、さくらダイヤモンドになるものは厳選され、その後、徹底した検品が行われています。
カット:ベルギー・アントワープ
ベルギー・アントワープのダイヤモンド職人たちの研磨技術の高さはダイヤモンドビジネスに携わる専門家が認めており、その中でもさくらダイヤモンドの10角形87面体花カットを手掛けることができるのは、ほんの一握りのアルチザンと呼ばれる熟練職人だけです。
さくらダイヤモンドは、4の倍数でなく、10角形(5の倍数)にカットされるため、非常に手間がかかり、熟練した技術が要求されます。
さらに、さくらの花びら5枚を美しく表現するために、正確な対称性が要求されます。また、ラウンドブリリアントカットが58面体でカットされるところ、さくらダイヤモンドは87面体でカットされます。従来のカットよりも29面カットが多いので、より豊かな煌きを演出します。

Venus Arrows Diamondヴィーナスアローズダイヤモンド

Venus Arrows Diamond ヴィーナスアローズダイヤモンド
女神の美しさを持つダイヤモンド
ダイヤモンドは白い輝き
ダイヤモンドの聖地ベルギーのアントワープでも数人の職人しかカットする事が出来ない
高度な技術を必要とされる非常に希少なカットのダイヤモンドです。
ヴィーナスアローダイヤモンドは完璧な対称性を持つため、スコープでダイアモンドを覗いた際に
16本の矢のシンメトリックパターンを確認する事が出来ます。
表と裏から見たダイヤモンド
VENUSは、「女神」、「金星」、ARROWSは、「矢」、「16本の光の矢」を意味します。
ビーナスアローダイヤモンドの輝きは、他のどんなカットを施したダイヤモンドよりも
明るく美しく輝くと評価されていることから、この名前が付けられました。
  • アメリカの光学レポートで世界一輝くダイヤモンドと認定

  • 世界の特許を取得

  • 正規品ロゴとID番号を刻印

PAGE TOP